CAREER COUNSELING
キャリアカウンセリング

定期的に繰り返し行う事によって意識の高い自発性のある人材を作ります。

会社のレールではなく、社員自らが道を作る時代

あらゆる人材が力を発揮できる職場をつくる。
これは企業にとってかかせない課題です。
その為には、個々の社員が自らのキャリア(仕事・プライベート)目標を持ち、目標に向かって進むことがとても重要になります。
キャリアカウンセリングを定期的に行うことで、自分の持つ力に気付き、どういうキャリアを歩みたいかが確実に明確になります。

定期的キャリアカウンセリングの効果とは…?

  • 自発的な意識改革
  • 仕事に対するモチベーションUP
  • キャリア設計が明確になる
  • 能力の向上

言われて動く人材ではなく
自分で考えて動く人材に

導入時にキャリアカウンセリングを代表取締役もしくは依頼部署の責任者様にご体験頂きます。

キャリアカウンセリングの流れ

現状の確認

目標を実現するために、現在おかれている自分の状況を明確にする。

課題の把握

状況の整理によって何が課題なのかを、明らかにすることができる。

目標設定

今すぐ取り組めること、今後取り組まなければならないことを整理し
目標を定める。

解決策の検討

目標を実現するための手段や解決策の検討を行う。

意思決定と行動

手段を決め、行動にうつす。

メンタリング効果

従業員の抱えている悩み・不満などを丁寧に解きほぐし
課題を整理していきます。

自分の持つ力に気付き、
課題解決をする目標と行動する力を引き出します。

  • 国家資格のキャリアコンサルタントを保有したキャリアコンサルタントが対応致します。

  • 定期的に行います

  • 1対1のパーソナルカウンセリング

※オンライン面談も対応しています。

キャリアカウンセリングを導入する事例

節目を迎える社員に対して

昇格・格等の仕事に関連する節目、妊娠・育児復帰・定年退職などのライフイベントに関連する節目を迎える社員に対して、今後のキャリアの見直しや目標の再確認

ローパフォーマーに対して

自身のキャリア目標と現在の仕事に対する意識や業務の進め方が合致しているか見直しを行う事によってパフォーマンス及び能力向上に繋がる

福利厚生として

自発的に社員が自身の意識を向上させる手段として、福利厚生を導入。

ご相談は無料で承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

お問合せをする

TOP